学生用クレジットカードのおすすめはどれ?2016年最新版おすすめ5選!

 カード選び 
  更新日時  

学生

大学生になったらクレジットカードを作れるようになります。
クレジットカードは使い方に注意が必要ですが、学生でも持っておくメリットはたくさんあります。
一生絶対にカードは使わない!という人以外は、利用限度額の小さな学生専用カードを作って慣れておくことは、決して悪いことではありません。

この記事では、学生さんがクレジットカードを作るにあたって知っておいてほしいことを説明したうえで、筆者がおすすめする学生用クレジットカードをご紹介します。

スポンサーリンク

学生カードとは?

クレジットカードは一般的に安定的な収入がある社会人を対象に発行していますが、それとは別に学生向けに作られている「学生カード」があります。
これは文字通り学生向けに発行しているカードです。学生とは「大学生」「短大生」「専門学校生」などです。一般的に18歳以上が対象で、上限年齢が設定されています。
その為、18歳の高校生は学生カードを作ることができませんし、30歳以上の大学生も作ることができない場合があります。

学生がクレジットカードを持つメリット

筆者も学生時代にクレジットカードを持っていてとても便利に使っていました。
クレジットカードがあるとインターネット上でのショッピングがしやすくなったり、携帯電話の支払いでポイントをためたりなどのメリットがあります。

ポイントはAmazonギフトカードやTポイント、航空会社のマイレージと交換でき、学生にとっては大変ありがたいボーナスになります。現金と一緒ですからね!どうせお金を使うならクレジットカードのポイントを貯めて、と思いますよね。

大学生になったら海外旅行に行きたいと思っている方もいるでしょう。
クレジットカードはID(身分証明書)として使用することができます。海外で使えるVISA・Master・JCB・AMEXなどの国際ブランドが付帯したクレジットカードを持っているということは「カード会社がこの人物には支払い能力がある」と認めているということです。
海外のホテルやレンタカーなどは事前にクレジットカードのチェックをする場合があります。これは万が一事故などで追加の費用が発生する場合その人物に支払い能力があるのかということをチェックしています。学生カードですからあまり大きな利用枠はついてきませんが、ちょっとした旅行などではとても便利な旅のお供になるでしょう。

学生カードの作りやすさ アルバイトをしていなくても審査に通るのか?

クレジットカードは一般的には安定的な収入のある人を対象に発行されますが、学生カードは学生対象に発行されますので安定的な収入は必要ありません。
ご両親の援助を受けているであろうこと、また大学卒業後にも継続してカードを使ってくれる可能性が高いことなどから、利用限度枠を低く抑えて発行されるものです。

従って学生カードの発行にはアルバイトなどをしている必要はなく、一般的に審査は他のカードと比べてゆるいといわれています。
1枚目の学生カードの診察右派は、申し込みの記載内容に不備が無く、よほどの事情が無ければ容易と考えてよいでしょう。

ただし、未成年の方(カードによっては25歳未満の方)は保護者の同意が必要です。

学生カードの限度額

学生カードの限度額は一般的には低く抑えられており、5万円~20万円程度であることが多いようです。
筆者も最初のカードは限度額が10万円でした。
それでも学生にとっては多くの場合十分といえるでしょう。

海外旅行に行く、少し高価なパソコンをカードで買いたい、などで利用限度額が足りない場合は、カード発行元のカード会社に電話で相談をしてみましょう。場合によっては一時的にカードの利用限度額を引き上げてくれる場合があります。

クレジットカードの注意点

便利なクレジットカードですが、注意点があります。
それは、「計画的な利用」と「支払いに遅れないこと」です。
クレジットカードは一時的にカード会社が代金を建て替えることで、現金を持っていなくても物やサービスを買うことができます。
カード利用代金をカード会社に支払うまではお金を借りているということになりますね。(実際にはもう少し事情は複雑ですが、ざっくりこういう認識で大丈夫です。)
お金が無くても買えてしまうので、ついつい買い過ぎてしまう、ということがあり得ます。
学生カードは一般的には利用限度額が低く抑えられていますが、それでもカードの支払いが10万円!となると支払いが難しくなってしまうかもしれません。

カードの利用明細をきちんと保管して定期的に利用額を集計しておくなど、計画的に利用しましょう。
「リボ払い」や「キャッシング」などは特に必要が無ければ、筆者としては使わないことをおすすめします。これらは管理が難しく、利息も高い為、学生のうちは手を出さない方が良いでしょう。

少額の枠のクレジットカードで計画的にカードを利用する癖をつけておくことは、社会人になってより大きな利用限度額のクレジットカードを持つ際に必ず役に立ちます。

先にも述べましたが、クレジットカードは利用した分を後日カード会社に支払わなければなりません。通常は銀行口座から引き落としがされます。
引き落とし日に残高が不足していると支払いが遅延してしまいます。
必ず前日までに引き落とし予定額以上の口座残高になるように管理しましょう。
支払いがたびたび遅れる人はカードの利用限度額を引き下げられたリ、カードの利用を停止されカードを没収されたりすることがあります。
またこの遅延は「信用情報」というものに紐づいており、例えば卒業後の車のローンや新しいクレジットカードの作成の審査などに影響する可能性があります。
カードの支払いは絶対に遅延しないように気を付けましょう。

万が一引き落とし日に残高不足に気付いた際は、この記事を参考に対応してください。
クレジットカードの請求が口座から引き落としされるのは何時?口座に入金し忘れたらどうするべき?

学生におすすめのクレジットカード

筆者がおすすめする学生専用のクレジットカードと、学生も対象にした若年層向けのクレジットカードをご紹介します。
それぞれ特徴がありますので、自分に合ったものを選ぶと良いでしょう。

JALカード navi(学生専用)

発行元
JALカード
カードデザイン
cf_n_master cf_n_visa cf_n_jcb

※画像は公式サイトより引用

年会費
在学期間中無料
国際ブランド
VISA・Master・JCB
利用可能枠
10万円
学生が選ぶポイント
JALのマイレージが貯まる!
在学期間中、マイルの有効期限が無期限!
学生ならではのnaviオリジナルボーナスマイルがもらえる!
カード新規発行時にeJALポイント(5,000円相当)がもらえる!
JALカード付帯保険あり。
スカイメイトサービス利用可能。
引っ越しサービス利用可能。

学生専用ライフカード

発行元
ライフカード
カードデザイン
content3-1b

※画像は公式サイトより引用

年会費
永久無料
国際ブランド
VISA・Master・JCB
利用可能枠
5万円~10万円
学生が選ぶポイント
海外旅行ショッピング利用分のキャッシュバック
海外旅行傷害保険付帯
学生専用問い合わせ窓口あり
毎月の携帯電話利用料金を学生専用ライフカード支払うと、毎月10人に1人の確率で、 Amazonギフト券(500円分)が当たる

三井住友VISAアミティエカード(学生)

発行元
三井住友VISAカード
カードデザイン
img_card_01

※画像は公式サイトより引用

年会費
在学中無料
国際ブランド
VISA・Master
利用可能枠
10万円~30万円
学生が選ぶポイント
満18歳以上の女性で学生の方(高校生は除く)限定のカード
通常の学生カード「三井住友VISAクラシックカード(学生)/クラシックカードA (学生)」よりもハイスペック
海外・国内旅行傷害保険付き
ショッピング補償付き
ケータイ・PHS利用料のポイント2倍

MUFGカード・イニシャル・アメリカン・エキスプレス®・カード

発行元
MUFGカード
カードデザイン
cardface_001

※画像は公式サイトより引用

年会費
在学中無料
国際ブランド
AMEX
利用可能枠
10万円
学生が選ぶポイント
ハイクラスのAMEXカード
海外でのサポートが充実
AMEXが提供するアメリカン・エキスプレス・コネクトを利用可能

JCB CARD EXTAGE

発行元
JCB
カードデザイン
225-b-xl 225-c-xl 225-d-xl 225-e-xl

※画像は公式サイトより引用

年会費
無料
国際ブランド
JCB
利用可能枠
万円
学生が選ぶポイント
各種公共料金、携帯電話料金、ショッピング等、毎日のお支払いで自動的にOki Dokiポイントが貯まる。
スターバックス、Amazon、セブンイレブンなど多数のポイント優待店あり。
海外利用分のポイントが通常カードの2倍。
スポンサーリンク