クレジットカードの請求が口座から引き落としされるのは何時?口座に入金し忘れたらどうするべき?

 支払 
  更新日時  

クレジットカードを利用する上で、利用料金支払の遅延は致命的です。
クレジットカードの利用料金は、毎月各カード会社が決められた日に指定した金融機関口座から引き落とされますが、残高不足などで引き落としができないと、場合によっては信用情報に記録として残り、その後のクレジットカードの契約や、各種ローンの申し込みなどに影響する可能性があります。

-shared-img-thumb-MAX87_guragurasuru20140531_TP_V

各クレジットカード会社は「引き落とし日の前日までに」必ず引き落とし口座に利用代金分を入金しておいてください、とアナウンスしています。これを順守するのがおすすめですが、うっかり入金を忘れていた!ほかの引き落としと重なって残高不足になってしまった!という場合はどうすれば良いのでしょうか。

この記事では、ついうっかり口座への入金を忘れてしまった場合、クレジットカードの利用料金の支払いについてどのようにすべきかをご説明します。

※この記事は筆者の経験に基づき、また2016年4月6日の状況に基づいて書かれています。この記事を読んだことによるいかなる損害も補償できませんので、参考にされる際はご自身の責任と判断でお願いします。

目次
1.引き落とし日当日の場合
1-1.まず入金しよう!
1-2.カード会社の引き落としがかかるのは何時?1日に何度も引き落としはかかる?
1-3.入金したらカード会社に連絡しよう!
1-4.次の日に振込で支払った場合、信用情報はどうなるの?
2.支払日の翌日以降に残高不足に気付いた場合

スポンサーリンク

1.引き落とし日当日の場合

引き落とし日当日に口座の残高不足に気付いた場合、はまだ口座からの引き落としが間に合う可能性もあります。

1-1.まず入金しよう!

あ、今日引き落とし日なのに入金を忘れていた!と気付いた場合は、引き落としがかかるだけの十分な額をなるべく早く入金しましょう。

必ず引き落としが掛かるわけではありませんが、カード会社と銀行の組み合わせ、そして入金する時間によってはまだ当日中に引き落としが掛かる可能性があります。

※入金して終わりではありません!最後まで読んでくださいね。

1-2.カード会社の引き落としがかかるのは何時?1日に何度も引き落としはかかる?

カード会社の引き落としは何時にかかるのでしょう?そしてその日途中に入金した場合、その後引き落としはされるのでしょうか。
これは一概に何とも言いません。
カード会社や銀行の担当者に聞いても正確な時間や回数はほぼ分かりません。

え!?なんで?と思うかもしれません。それは以下のような事情によります。

カード会社は利用料金の引き落としをかけるため、いろいろな金融機関と契約をしています。金融機関(銀行)もまたいろいろな引き落としをかけるためにカード会社以外にも様々な会社と契約をしています。
引き落としは1日1回のものもあれば、数回にわたって引き落としがかかるものもあります。

この引き落としの回数は、契約の内容や金融機関と請求元との関係性によって変わってきます。
引き落としを数回かけるにはその分それ用に設定をしたり、ネットワークに負荷をかけたりします。そのため、どんな請求元でも1日に何度でも引き落としのリクエストをしますよ、というようにはなっておらず、
この請求元とこの銀行であれば日付が変わった0時に1回だけ、
この請求元と銀行であれば0時と9時と15時の3回、
あるいはここであれば常にリクエストを送っていて入金した瞬間に引き落とされる、
というように組み合わせによって異なってきます。

その為例えば銀行の支店の担当者に問い合わせても、何時に引き落としが掛かるかはほぼ把握していません。カード会社も同様です。
可能性があるとすると、金融機関とカード会社それぞれの直接の担当者くらいですが、「システムのことだからそれは分からない」となる可能性が大ですし、そもそも契約をした当初の担当者がそのままいるとも限りません。
現実的な問題として、口座への入金を忘れた一利用者がそこまでたどり着くのは不可能でしょう。

したがって、「カード利用代金の引き落としが何時にかかるか、何回かかるかは分からない」というのが現実です。

ただし引き落としが掛かる可能性がある以上、気付いた時点で入金だけでもしておくのがおすすめです。入金したらできれば通帳記入やインターネットバンキングなどでその場で引き落としがされたかどうかを確認してください。

筆者の経験上の話ですが、大手カード会社・大手都市銀行の組み合わせの場合は、1日何度か引き落としがかかることが多いようです。特に同系列のカード会社と都市銀行は回数が多いように感じます。(※確証はありません)
落とし日の夕方に入金し夜遅くに引き落としがかかることも実際にあるようです。
しかしこういうことに頼らず、やはり前日までにきちんと入金しておくべきですね。筆者も経験がありますがその日は1日ずっと気になって仕方がありませんでした。

1-3.入金したらカード会社に連絡しよう!

入金したら、その日引き落としがかかることを祈ってカード会社には連絡せずにおこう・・・・ではいけません!必ずカード会社にも連絡しましょう。

※入金直後に引き落としがかかった方はほとんどの場合問題ないことが多いようです。が、心配な方はカード会社に連絡をしましょう。

カード裏面のコールセンターなどに連絡をしますが、当然営業時間がありますので日中の早い段階で連絡をしてください。
ゴールドカードなどのプライオリティーの高いカードを持っている方は24時間の問い合わせ窓口がある場合もありますから、朝9時を待たずに電話をしておくことをおすすめします。
※支払いに関する担当部署の営業時間は限られている可能性がありますが、どのようにすべきかは教えてくれるはずです。

問い合わせをしたらこのように尋ねます。
「今日引き落とし日ということを忘れていて、昨日までに入金をしていませんでした。」「先ほど入金しましたが、まだ引き落としがされていません。」「今日引き落としがされない場合はどのようにしてお支払いすれば良いでしょうか。」

担当の方が引き落としがされなかった場合の支払方法を教えてくれると思います。
或いはほかの部署へ転送されたり、かけ直しをお願いされるカード会社もあるでしょう。
引き落とし日はカード会社への電話での問い合わせが多くなるようですので、早目に、できれば午前中に電話をしておくのがおすすめです。

筆者の経験上多くの場合は、

「明日の朝一で通帳記入をして引き落としがされていなければ、今から言う口座に指定の金額を振り込んでください。その場合振込手数料は負担してください。」

というようなことを言われると思います。振込手数料の負担は仕方がないですね。

引き落とし日ではなくて次の日の振込で良いのか?と疑問に思う方もいると思います。
そこはカード会社によってまちまちなようです。
カード会社によっては「口座の残高を引き落としがかからない額まで減らして、支払いは今日中に着金するように(15時までに)振込で行ってください」というようなことを案内するケースもあるようです。
カード会社の指示に従いましょう。

1-4.次の日に振込で支払った場合、信用情報はどうなるの?

引き落とし日に入金してもその日にはもう引き落としがかからず、次の日に振込でカード利用代金を支払った場合、支払日が1日遅れたことによって信用情報に影響はあるのでしょうか。
これはとても気になるところです。
しかし、カード会社の担当者に聞いてもほとんどの場合は明確に答えてもらえないようです。

ここから先は想像ですが、おそらく連絡をしたうえで指示通りに支払いをした場合は信用情報には影響がないことが多いのではないでしょうか。ただ確約ができないため、カード会社としても大丈夫ですよとは案内できないという事情だと思われます。
※あくまで想像です。100%正確な情報を知りたい場合はカード会社に丁寧にお願いして聞いてみてください。運が良ければ答えが得られるかもしれません。

※キャッシングの利用がある場合は、支払日が遅れたことによる利息の差が発生する場合があります。キャッシングを利用している方はこの辺りも確認しておいた方が良いですね。

※信用情報は後日CICなどに自分で情報開示請求をすることで確認できます。事情があって自分の信用情報を確認したいという場合は、そちら経由で開示請求することも選択肢の一つです。インターネットでの開示請求は即時に結果が確認できるなど大変便利です。手数料がかかりますのでそちらは公式サイトにて確認ください。またカード会社からの信用情報の反映には一定の日数を要するようです。
http://www.cic.co.jp/mydata/index.html

2.支払日の翌日以降に残高不足に気付いた場合

これはもう支払いが遅延してしまう状況は避けられません。
しかしやはり気付いた時点でカード会社に連絡をしておくべきです。
少しでも早く連絡をして支払いを済ませることで遅延損害金が増えることを防ぎます。またカード会社は、自ら支払いをしようとする意思の有無を多少は加味する、かも知れません。

遅れた場合の支払方法はカード会社によって異なるようですが、多くの場合は振込による支払いを指示されるようです。
振込先の口座番号と振込金額を間違いないようにメモし、即手続きしましょう。

カード会社によっては支払日以降も継続的に引き落としをかけていることもあるようです。
その場合は口座に残高があれば後日引き落としがされますが、遅延は遅延です。信用情報に傷が付き、新たなカード契約や各種ローンの申し込み時に審査で落ちてしまうかもしれません。
またそのカード会社から、カード会員の資格なしとみなされてカードを止められてしまうかもしれません。
どうせ後で再引き落としがかかるから、と甘く考えずに、引き落とし日の前日には必ず残高を充足させておきましょう。

スポンサーリンク